>

車が代わりに運転してくれる

どんなソフトウェアがあるか

最近の車に搭載されているのは、自動ブレーキシステムです。
アクセルとブレーキを踏み間違えたり、障害物に車がぶつかりそうになったりした時にAIが感知し、ブレーキを踏んでくれます。
そのままのスピードで障害物や人間に突撃すると事故が起こるので、AIの力を借りてください。
さらに、バックモニターが付いている車も人気です。

運転席にある画面に車の後ろの様子が映し出され、それを見ながらバックができる面がメリットです。
車の後ろに障害物があったり人がいたりするので、きちんと確認しながら、ゆっくりバックをしてください。
さらに駐車を自動で行ってくれるソフトウェアもあり、特にバックで車を停めることを苦手としている人に向いています。

事故が起こるリスクが高い

何のサポートもない車だと、事故のリスクが高まってしまいます。
それでは安全なモビリティ社会にならないので、自分の運転スキルに見合っている車を購入してください。
様々なメーカーに行くと、車の種類を確認できます。
今はソフトウェアが搭載されている車が増えており、選択肢は広いです。

ですから必要なソフトウェアがあり、自分の希望に一致する見た目や内装の車を見つけられるでしょう。
楽しく運転するためには、充実したソフトウェアがあることも重要ですが、同じくらい見た目も大事です。
気に入らない車では運転が楽しくないので、希望通りの車を選んでください。
事前に車について調べて、このような車が良いと目星をつけておくと良いでしょう。


この記事をシェアする